マンゴー事業

マンゴー事業

当社栽培、自慢の鉢植えマンゴー『長崎のプリンセスマンゴー』
当社栽培、自慢の鉢植えマンゴー『長崎のプリンセスマンゴー』

近年、熱帯作物の関心が高まってきています。当社でも鉢植えマンゴーを栽培し、長崎県特産品としての商品化を図り、さらに県内他企業へ栽培の拡大を計画しています。

現在、県内でマンゴーを栽培しているのは、島原半島地区、五島の農家の何軒かのみ。中でも、鉢植え栽培を取り入れているのはHORIUCHIグループのみです(平成22年7月現在)。

鉢植えマンゴー

当社では平成20年4月より、宮崎県のマンゴー研究者である東鳳熱帯果樹園の外園俊先生の指導を受け、ハウス4棟30a、600鉢の栽培を開始しました。ブルーベリー同様、「ハウス施設内での鉢植え栽培」により生産し、お中元等のギフト商品として、高値相場での市場取引が期待できる5月~7月にかけて収穫出荷を行っています。

また、社団法人農業電化協会が主催する平成21年度農業電化推進コンクールに、『環境にやさしいヒートポンプを活用した省エネハウス型完熟マンゴー鉢植え栽培の確立』という表題で応募したところ、長崎県で唯一当社が採択され(九州支部表彰)、平成22年6月15日には農業電化協会長賞を受賞することができました。

また、平成22年3月には「日本鉢植えマンゴー生産振興会」を設立し、品質基準や販売ルートの確立に向けて、FAながさきを含む4社が連携して事業に取り組んでいます。

現在は、全国の市場関係者あるいは流通関係者からの評価が高い鉢植えマンゴーを県内に普及させ、長崎県の新しいブランドの創出を目的に、「(仮称)長崎県鉢植えマンゴー連絡協議会」の設立を検討しています。
協議会に参画し、鉢植えマンゴーを栽培したいという法人には、当社がマンゴーの木(5年もの)、栽培技術、販路を有償で提供する計画で、現在その企業を募集しています。

当社栽培の自慢の鉢植えマンゴー、『長崎のプリンセスマンゴー』について詳しくは
食彩の里 よかばい相浦(yahoo!ショッピング)も御覧ください!

鉢植えマンゴー
鉢植えマンゴー
マンゴーの花
マンゴーの花
ページの先頭へ戻る